企業情報

カフェタナカの歩み

創業1963年
名古屋の老舗喫茶店「カフェタナカ」
1963年、喫茶店文化全盛の名古屋において、自家焙煎珈琲専門店「タナカコーヒー」として創業しました。
画廊で働いていた創業者(田中寿夫)の、“フランスのカフェのような交流サロンを作りたい”という夢を実現した「タナカコーヒー」は、自宅のサロンのように寛げるかけがえのない空間として、名古屋の人々に愛される喫茶店となる。
千尋シェフ運命の出会い
そんな「タナカコーヒー」に生まれ育った田中千尋は、「父のコーヒーに合うフランス菓子を作りたい!」という想いから、20歳で渡仏。 名門パリ製菓学校「リッツ・エスコフィエ」でフランス菓子を学ぶ。 卒業後はトゥールジャルダンなどの3ツ星レストランや有名ホテルで修業し、フランス洋菓子の歴史や技、エスプリを習得。
1995年
田中シェフの帰国後、フランス・パリのカフェのようなテラススタイルを導入して店舗をリニューアル。「タナカコーヒー」から「カフェタナカ」へと生まれ変わる。
2003年3月
フランス仕込のパティシエが作る優雅なスイーツたちは徐々に人々を魅了。 イベントやテレビ・雑誌などに取り上げられるようになり、人気の高まりのなか2003年ジェイアール名古屋タカシマヤ店がオープンします。
2007年9月
三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島店オープン。
2013年3月
大丸松坂屋 名古屋店、オープン
企業理念

企業概要

会社名
CAFÉ TANAKA
所在地
〒462-0809
名古屋市北区上飯田西町2-11-2
TEL
052-912-6664
(お問い合わせの際はホームページを見たとお伝えください)
屋号またはサービス名
CAFÉ TANAKA (カフェタナカ)
メールアドレス
info@cafe-tanaka.co.jp
代表者
田中 寿夫