素材の個性を生かしたお菓子作りで「笑顔と幸せを運ぶスイーツ」をどうぞ

カフェタナカの想い

PATISSERIE

旧カフェタナカ

カフェタナカの歩み
父の珈琲にあう
お菓子を作りたい
1963年、喫茶店文化全盛の名古屋において、自家焙煎珈琲専門店「タナカコーヒー」として創業しました。画廊で働いていた創業者(田中寿夫)の、“フランスのカフェのような交流サロンを作りたい”という夢を実現した「タナカコーヒー」は、自宅のサロンのように寛げるかけがえのない空間として、名古屋の人々に愛される喫茶店になっていきました。

シェフ修業時代

洋菓子の本場で
お菓子作りを学ぶ
そんな「タナカコーヒー」に生まれ育った田中千尋は、「父のコーヒーに合うフランス菓子を作りたい!」という想いから、20歳で渡仏。 名門パリ製菓学校「リッツ・エスコフィエ」でフランス菓子を学ぶ。 卒業後はトゥールジャルダンなどの3ツ星レストランや有名ホテルで修業し、フランス洋菓子の歴史や技、エスプリを習得。

外観

1995年
田中シェフの帰国後、フランス・パリのカフェのようなテラススタイルを導入して店舗をリニューアル。「タナカコーヒー」から「カフェタナカ」へと生まれ変わります。
2003年3月
フランス仕込みのパティシエが作る優雅なスイーツたちは徐々に人々を魅了。イベントやテレビ・雑誌などに取り上げられるようになり、人気の高まりのなか2003年ジェイアール名古屋タカシマヤ店がオープンしました。
2007年9月
三井アウトレットパークのひとつであるジャズドリーム長島内に、ジャズ店がオープン。
2018年9月
複合施設内に稲沢文化の杜店がオープン。

食材

お菓子にあう食材を探し
日本中、世界中の生産地へ
足を運ぶ
生産者さんと顔をあわせ味を確かめ、タナカのお菓子にあうフルーツ・食材を探すために、世界の生産地へ直接足を運んでいます。生産者さんの想いと共にお菓子をお届けします。

自社農園

サントメ島に自社農園開園
2019年、長年の夢であったサントメ島(アフリカギニア湾に浮かぶ小さな島)に田中千尋自ら赴き現地農園支援をスタート!自社農園も開園し、サントメ島のカカオを使用した渾身の作品もお届けします。

詳しく見る

甘い香りに誘われて、
カフェタナカへようこそ!

CHIHIRO TANAKA

大地の恵みに感謝し、素材の個性を生かしたお菓子作りに愛情を注ぐこと。手のぬくもりを感じるお菓子達は人の心を癒し笑顔にしてくれます。世界中から集まる食材の味を楽しんでいただきながら、その土地の気候や環境、そこに暮らす人々の生活、その国とお菓子の歴史に思いをはせ、ゆっくり流れる時間と共に上質なティータイムをお愉しみください。
Bon appetit!!

シェフパティシエ 田中千尋

外観

【会社概要】
会社名
株式会社タナカ
所在地
〒462-0809
名古屋市北区上飯田西町2-11-2
TEL
052-912-6664
(お問い合わせの際はホームページを見たとお伝えください)
屋号またはサービス名
CAFÉ TANAKA (カフェタナカ)
メールアドレス
shop@cafe-tanaka.co.jp
代表者
田中千尋

求人

【募集要項】
募集スタッフ
(正社員・パート・アルバイト)
①ケーキ販売
②ホール/バリスタ業務(焙煎・接客)
③パティシエ
④焼き菓子などの包装
募集店舗
・本店
・ジャズ店
・ジェイアール名古屋タカシマヤ店
・稲沢文化の杜店
お問い合わせ

TEL : 052-912-6664

担当 : 水野

お問い合わせはこちら

最上部へ